スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトコンタクトレンズ

20090508.jpg
ソフトコンタクトレンズとは長い付き合いなので、手入れの手の抜き具合とか、くっついて丸まっちゃった時の伸ばし方とか、適当に分かっているつもりです。だけど今日のはほんとに焦った。

左目がかゆかったんですよね。で、ちょっと手で擦ったら目がぼやけた。「やべ、コンタクトずれたー」と思ったら、コンタクトちゃんが微妙にツツ…と瞼の中へ入っていく。
困るじゃん、取れなくなったら。困るっていうか、怖い。
何度かまばたきしても出てこない。けど確実にそこにある感じ。ヤバイ。

とりあえず右目のコンタクトを外そうと思い、状態を保ちつつレンズケースを取りに行ったけど、いつものとこにケースがない。ガーン。
左目の奥に異物感を持ったまま、ケース探しに勤しむ私。へんな汗かきまくりです。
3分後(こういう時の3分って長いのよ)、昼間に猫がテーブルから落としたに違いない位置でケース発見。右コンタクトは無事収納。
そのあと左目は見開いてみたり、瞼閉じて眼球動かしたり(慎重にネ!)してみて、最終的には下瞼っていうのか目の下の皮をつまんでパタパタしたら出てきました。一件落着。

はー…怖い体験であった。思わず日記に残すくらいには。
あんな時間(20時くらい)にやってる眼科なんかないし、自力で取れなかったらどうすれば良かったんだろう。119番?

兎にも角にも、もう絶対コンタクトしたまま目擦らないぞ、と決心しました。
長い付き合いだからって、コンタクトを甘く見てはいけない。意外と危ないです、こいつ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。