スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症とコンタクトレンズ

いやはや。もうすぐ2月も終わりですね。
今年は大雪がありましたが、やや暖かい冬だったかもしれません。

そして、冬が過ぎると、もうすぐ花粉症の季節です。
花粉症ときくだけで、鼻ばムズムズしてくるほどの、花粉症なのですが、私。
鼻がムズムズするだけでなく、目もかゆくなります。

コンタクトレンズをつけていると、かゆさ倍増。
というわけで、私にとって、杉の花粉は天敵ともいえるもの。

こういう時期は、外出したくなくなります。
もちろん、家にこもっていられるわけではないので、外出するときは外出するのですが。

外出するときは、メガネにするときもあります。
コンタクトレンズをつけたまま、目をこするのは、目によくありません。

そして、対策の薬を飲むこともあります。
最近は眠くならない薬も売られているので助かっています。

雨がふったら、あまり花粉は飛ばないので、雨がふるよう祈ったりしています。
みなさんは、どうしているでしょうか?
スポンサーサイト

遠近両用コンタクト

enkinryouyou.jpg
私は物心ついた頃から目が悪い。
超ド近眼、0.01以下である。

その昔、視力検査をやったときに、定位置からでは何も見えず一歩、また一歩と前に出て、巨大カードの「C」を提示されてやっと「右!」と言えたという悲しい思い出がある。
小学生の頃は、授業中だけ眼鏡をかけ、日常生活はぼーっとした。視界のまま過ごしていたので、なにごとにもいまひとつ自信が持てない消極的な子どもであった。

すれ違う人が知り合いなのかどうなのかもわからないので、いつも曖昧な逃げの姿勢で生きてきた気がする。

そんな私が高校生の時にコンタクトレンズに出逢う。最初に教室の床の木目模様がくっきり見えたときの感動は今でも忘れられない。

朝起きて、眼鏡も掛けずコンタクトも入れていないときの私はものを見る気力がゼロである。様子がわかっている家の中なので、霧の中状態でも特に問題はない。目を洗ってコンタクトを装着したところで、本当の朝が始まる。

そんな私が、数年前から近眼なのに近くも見えない、という状態に陥った。
簡単に言えばろーがんである。

近眼で遠方が見えないのに手元も見えないとは、「一体どこなら見えるんだ!」と自分にツッコミを入れたくなる。

しかし日々どうにも鬱陶しいので、眼科医と相談した結果、度の低いコンタクトレンズを装着して、運転するときはその上から軽い近眼用眼鏡。仕事をするときは老眼鏡を掛ける、という方法をとることにした。

最初のころは、真面目に眼科医でコンタクトレンズを購入していたが、最近はネットで簡単に買えるようになった。全く同じものがぐっと安い、しかも処方箋なしでOK。

いろいろと見ていると、遠近両用のレンズがあることがわかった。

しかし商品の種類はものすごく少ない。近眼の度数はなんとかクリアできるが、レンズのベースカーブがかなり限られている。

これまで使用しているものにできるだけBCの近いものをチョイスし、思い切って注文。
海外からの発送なので二週間たってようやく到着した。
それを今朝から装着。
うひょ!なんて快適。

手元の文字がしっかり見えるじゃん!

ちなみに購入したレンズは送料まで含めると一枚1000円くらいになる。二週間使い捨てで、両目に入れるので、一日分の金額は約140円。

これまで使っていた一日使い捨てレンズも、改めて計算すると一日で120円くらいになる。
毎日の目にこの金額・・・

高いか安いかはともかく、裸眼ではまるで「使えないヤツ」になりさがる私。

ずっとこの金額を払い続けられるよう、頑張って働かなくっちゃ。
まさに扶養家族は「目」。

人間ドックと眼科と整体

合わせて3つ医者をはしごした一日。

人間ドックは午前8時半前に受付。職場の別部署の上司と顔を合わせる。31歳から自分はずっと決まった病院で受けているのだがうち半分ほどこの上司とはブッキングしている。

受診者は女性の比率が圧倒的に高いと口をそろえる。そういえば去年もそうだったなぁ
と思いつつスタッフに聞いてみると火&木は女性専門の検査がある日とのこと。
そういえば去年も同じもと聞いた。

検査自体は午前10時すぎに終わったが、終了後の保健師からの説明もあったので終了は午前11時前。元々スタッフの女性比率が高いのだが事務や保健師のみならず内科の先生も若い女性。レントゲン技師の3人中1人が男性だった。

受診料を精算したあと、病院の食堂でドック用の昼食を摂る。久々の食事に満足。時間差で遅れてやってきた上司は年なので色々と保健師から指導を受けたらしい

ちなみに上司は夕方前から職場に行かなければならないとのことでワイシャツにスラックスをはいていた。色々仕事絡みの話をしてから先に病院を出る

午後1時前にいったん帰宅して昼寝をしたあと、午後2時すぎに外出。今度は眼科へコンタクトレンズ&眼底の定期検診。

今使っている種類のコンタクトレンズの右目の装着感がどうも渋くそのことをスタッフに話すと今使っている2ウィークは酸素の透過性が高いものの水気を含まないため合わない人がいるとのこと。視力は出るのに。

初めて2ウィークを装着しはじめの3ヶ月間使用していたものから今の種類に変えたのはレンズの大きさ、装着感は今のものよりも悪くなかったのだが今使っているもののほうが以前のものと体が近かったから小さく手触りが素っ気ないものを避けて今のものを選んだのだ

またそれ以外にそれ以前に使用していたものに似た素材のものもあるとは言われたのだが左目の矯正に限界があり現在使用しているものより視力が2段階落ちるのだ

結局当初使用していたレンズに戻すことにそのあと右目の瞳孔を開いて検査

眼科を出たあとは久々の接骨院。6日ぶりだが週5~6で行っていたため久々なのだ相変わらず若い先生は面白い

そのあと午後5時過ぎに県立図書館で机に向かってから午後7時すぎに帰宅。胃検診でバリウムを使用し事後処理に下剤を飲んだため結局トイレ行きまくりドクタースランプのがっちゃんソフトクリーム状態

ロンドンハーツは未来の熊田曜子&磯山さやか探しということで以前マジックメールに出演した4人を調査したのだが谷澤恵里香恐るべし

水谷望愛の即興ソングも笑ってしまったがそれよりもちせぴょんこと中村知世の天然には正直驚いた。ジョイントのキャラのまんまだったというかこれでもスイングガールズで上野樹里や貫地谷しほりと共演していたのだけど

中二日の健康器具に座ってパソコンに向かってから就寝予定なのだがどうも春先に新しいアプリゲームを1つ始めてから就寝時間が遅くなってしまっている

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトをしていると、ちょっと瞬きをしたときに目の横や上の方にずれてしまったり、まつ毛が目の中に入って、目を開けてられないほど痛みが走ったり・・。

そんな経験が1~2回はあると思います。ハードコンタクトって、外れやすすぎると思いませんか!?

外しやすいのがハードレンズの特徴かもしれませんが、あまりにちょっとした事で外れてしまうと、本当に慌てちゃいますよね。

私が経験した中で、一番ヤバかった時の事をお話しすると・・・。

10年くらい前のことなのですが、その当時短大生だった私は、CB400というバイクに乗って通学していました。バイクに詳しくない方にちょっとご説明すると、要するにスクータータイプではなく、またがって乗る大きなバイクなんですけど、そのバイクに乗って信号待ちをしていた時のことです。

フルフェイスのヘルメットをかぶっていたのですが、前髪が目を突く位置に来てたので、ヘルメットのシールドを上げて、人差し指で直そうとしてたんです。

バイクに乗るときは、いつも皮のグローブ(手袋です)をはめているので、この日もグローブのまま人差し指を顔に近づけたら、思わず眼球に「ツン」ってなっちゃって!!

「えぇ!!??」って思った瞬間に右目のコンタクトを落としちゃったんですよ~(泣)
場所は、市内一交通量の多い交差点だったので、一瞬であきらめモード・・・。けれどふっと視線を下げたら、その視線の先になんと落としたコンタクトが!!

そうなんです。
バイクのタンクの部分(またがって乗るから、ちょうどお腹のあたり)に、逆さまにペタッとくっついてたんですよ。
本当に奇跡の瞬間でした(泣)
幸い、一番左車線にいたので、そお~~~っとバイクを寄せて、そお~~っとグローブを外して、コンタクトを救出したのでした。こんな経験、私だけかなあ?

cb400.jpg

はじめてのコンタクトレンズ

はじめてコンタクトを付けるときって、すっごく勇気が必要ですよね。

私は、中学校に入ったころから視力がどんどん落ちてきて、高校2年生の時に、はじめてコンタクトにしようと思ったのですが、両親ともコンタクトには抵抗があったのか、すんなりとは決めさせてくれませんでした。

まあ、昔と今とでは親の世代のかわり、コンタクトがあたりまえの世の中になってきましたが、やっぱり目の中にモノを入れるっていう行為は、けっこう怖いって人もいるような気がします。

でもメガネからコンタクトにした、あの瞬間のことは、今でも鮮明に覚えていますよ(笑)

なんといっても、「境目」がないことがすっごくうれしかった~!!自分の目で見るって、こういうことなんだねって、だれかれ構わず「見て見て~!!」って飛び回っていたような記憶が残っています。

使い方を間違えると、眼球にキズが入ったりする場合もあるので、十分なケアも必要なのですが、使用方法を間違えない限りは、快適なコンタクトライフ(!?)を送れることはまちがいありませんね。

涙の量や、眼球のカーブの度合など、人によってそれぞれ特徴があるので、ハードにするかソフトにするかは、眼科の先生と相談しながら、自分の目にちゃんと合ったコンタクトを探したいですね。

メガネをかけるとどうしてもずり落ちてしまう人や、メガネをかけはじめてからどんどんと視力が落ちている人などにも、コンタクトに変更するとそんな悩みも解消されると思いますよ。

shiryoku.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。